メモリ最大64GB!MSIの軽量ノートPC Modern-14-B4MW-012JP レビュー

メモリ最大64GB!MSIの軽量ノートPC Modern-14-B4MW-012JP レビュー

はじめに

MSIのノートPC、Modern-14-B4MW-012JPを購入したので、購入レビューです。

デザイン関連の仕事をしているものの、仕事用のメインPCもノートPCを利用しています。
今までは、PCはLENOVO Y480、サブでDELL Inspiron 13 7000を使用していました。
動画の編集はあまりしてこなかったのとPCで基本ゲームはしないので、ノートで十分でした。

ただ、最近、メモリ不足(8GB)を感じ、新しいPCを探していました。
購入するのは、依頼、約7年ぶりくらいになります。

購入するにあたり、価格.comで、比較し、主な候補は下記でした。
(全然タイプが違うんですが、価格をとるか性能をとるか等で迷いました。)

  • LENOVO Think Pad E495
    メモリMAX 32GB、とにかく安い。楽天リーベイツでポイントバックが狙える。
  • HP ENVY x360 13-ay0000
     Ryzen 7、軽量、360°回転、タッチパネル(筆圧感知)

詳しくは割愛しますが、DELLはコスパ面では最高なのですが、サブ機で使用していた、DELL Inspiron 13 7000のキーボードの動作などが、イマイチだったため、候補から外しました。

HP(ヒューレット・パッカード)のノートPCは全体的にそうなっているようですが、特に人気のENVY x360 13-ay0000は、納期的に、大変なことになっているようで、候補から外しました。

ノートPCは全体的に納期が長く、新型コロナウイルスの関係で、でテレワークが増えた関係か、とにかく品薄なようでした。
納期も視野に入れさらに探していたところ、全くノーマークのPCメーカーMSI のPC、Modern-14-B4MW-012JP というPCも候補になりました。

msiは、主にゲーマーやクリエイター向けのPCを販売しているメーカーで、少し高い印象がありました。

LENOVO Think Pad のキーボードも捨てがたかったですが、最終的にModern-14-B4MW-012JPの購入に至りました。

購入の決め手

一番惹かれたところは、メモリです。
初期では、16GBなんですが、このサイズ&重量感(319×16.9×220.2 mm、1.3kg ※カタログ値)でオンボードではなくスロット型になっているんです。

しかもメモリスロットが1つ空いている状態、最大メモリが64GB。
重量、1.3kgでメモリを最大64GB積めるって。。

次にやはり、価格です。
CPUは、 Ryzen 5 4000メモリ16GBで、10万円を切ります。
(実は10万円を切るのは、固定資産税の面では大きいポイントになります)

あとサポートがいい印象でした。
外部出力時の最大解像度の記載がなかったので、念のため、サポートに確認してみました。
英語しか対応していない的な感じだったので、Google翻訳を使って英語で質問を送信、
次の日には、返信がありました(日本語で)。
( HDMI接続で 最大 w3840×h2160(4k)/フレームレート30p とのことでした)

良かった点(気に入っている点)

前置きが長くなりましたが、良かった点を以下に記載します。

コンパクト&軽い

14インチなのに、極細ベゼルでとてもコンパクトになっています。
13インチのDELL Inspiron 13 7000より、2cmほど小さいんです。

そして、軽いです。約 1.3kg、ノートPCは、100g変わると、こんなに違うのかというくらい変わります。
持ち運びも楽々です。

14インチ&アンチグレアのディスプレイは最高

14インチのディスプレイは、ほんとにちょうどいいです。
めちゃくちゃ使いやすいです。(フルHD、1920×1080ででも使用できます。)
ドット抜け等はありませんでした。

また、アンチグレア(非光沢)は、目が楽です。
アンチグレアでも非常にきれいです。
仕事で使うなら、絶対アンチグレアがおすすめです。

質感の良さ

マットなブラックのボディで、手触りもマットな感じで、質感がとてもいいです。
ただ、これは完全に好みですが、ドラゴンのロゴについては、好みではありません(笑)
(普通に「msi」のロゴのやつがカッコいい!)

処理速度

CPU Ryzen 5 4000 × メモリ16GB はさすがにサクサクです。ストレスがありません。
AMDとしては、歴代で2台目となりますが、RYZENは初です。
今まで使用していたPCを使用するとよくわかります。

メモリ16GBですが、今のところ十分でした。
絶対64GB入らないです(笑)ただ試したいところはあるので、保証が切れる頃に試したいところです(ちなみに保証期間も2年と長いです。)

USBハブがついていた

LANケーブル、USB3.0ポート×2、SDカード、マイクロSDカードのスロットがついた、USBハブがおまけ的についていました。
これは地味に嬉しかったです。
特に、商品詳細には書いていないんで、得した気分でした。

バッテリーの持ち

デザイン作業をしていても6~8時間くらいは、余裕な印象です。

ACアダプタもコンパクト

その他の評価

キーボードについて操作・使用感

キーボードの打鍵感は、薄型のモバイルノートの中では、良い方ではないないでしょうか。
重さもちょうどよく打ちやすいと思います。
後述しますが、Fnキーが右側にあるのは、私的には、使用しづらかったです。

イマイチだった点

キーボード配置について

完全に確認ミスですが、「Fn」キーが右[Ctrt]の横ににあります。
[Home][End]キーは、ノートでよくある、[Fn]を押しながらになりますが、[Fn]が右側なので、かなり使いにくいです。
まだ慣れない感じです。

デフォルトでインストールされている、MSIのシステムソフト 「Creator Cneter」を使用することで、
[Win]と[Fn]との入れ替えはできますが、[Win]キーも多用するので、どうしたものかという感じです。

とりあえずは、キーボードの配置を変更できるフリーソフトを使用して、
[page up] ⇔ [home]、 [page down] ⇔ [end]、を入れ替うことで対策はできそうです。
(page upは、ジェスチャー機能を使うので、ほとんど使わない)

ちなみに、残念な点ではないですが、ファンクションキー(F1~F12)がデフォルトでは、音調調整などのアクセサリーボタンになります。
ファンクションキーを使うには、[Fn]を押しながらでの操作になります。
一瞬焦りますが、Fn+Escキーで簡単に切り替えができます。使い方によっては便利な機能ですね。

オートディマー(自動明るさ調整)がない

こちらも自分の確認漏れですが、
自動明るさ調整機能はありませんでした。今どきのPCはあるもんだと思っていたので、チェックしてませんでした。
ただ、無かったらなかったで、不便ではありませんでした。

その他、気になった点

明るさが勝手に変わる?
PDF、Adobe Illustlator を起動している時に、ディスプレイが、自動で明るくなるのが気になりました。

再起動のたびに、MSIのシステムソフト 「Creator Cneter」がタスクバーに固定されてしまう。

納期について

9/4に購入し、届いたのは、納期が10月中旬と出ていたのですが、実際に届いたのは、10月14日で予定通り、機関にして、1ヶ月と10日ほどでした。
※現在(2021/1/1時点)では、自社のショップの他、複数のショップで、在庫があるようです。

ギャラリー

外箱です。(おしゃれな感じです)

MSI Modern-14

保護フィルムが付いています。

Modern-14-B4MW-012JP

第一印象は軽い!でした。

Modern-14-B4MW-012JP

材質はアルミボディ、マットな質感&色味が高級感があります。Modern-14-B4MW-012JP

おまけ的な感じで、LAN・SDカードポートがある、USBハブが付いていました。

Modern-14-B4MW-012JP

14インチ、極細ベゼルは非常に使いやすい。

Modern-14-B4MW-012JP

現在はこんな感じで使用しています。(私は、ディスプレイのレイアウトが、ころころ変わるんですが・・・)
ちなみにスタンドは100均(セリア)で購入しました(笑)

デスクトップツアー

パソコンカテゴリの最新記事