丁寧過ぎるメール文は相手によっては、マイナスになるかも

NO IMAGE

メールを作成するとき、クライアント・パートナーに関わらず、丁寧な言い回しや文章を送ることを心がけています。

ただ、あまり丁寧過ぎたり、言い方が回りくどかったりすると、逆に分かりにくくなるので、最近はその点も注意しています。

例えば、提携先に業務を依頼するとします。

「○○につきまして、○○をすることが出来ないのですが、○○のように変更していただくことは可能でしょうか?」

丁寧な文章だと思いますが、少しわかりにくいです。

「○○ですが、○○が出来いのですが、○○のように変更していただくことは可能でしょうか?」

ずっと丁寧な文章を書く事を意識していましたが、相手によってはわかりにくかったかもしれません。

最近は、丁寧かつ、すっきりとした文章でメールを送るようにしています。

 

 

 

ライフハックカテゴリの最新記事