Logicool G304が最高におすすめのマウスでした

Logicool G304が最高におすすめのマウスでした

ゲーミングマウスのLogicool G304を購入しましたので、レビューです。

今までは、「 Wireless Mobile Mouse 4000 」というマイクロソフト使ってましたが、
ホイール部分のゴムが溶けて外れてしまいました。

このマウスはとても使いやすく、気に入ってたので、リピート購入も考えてましたが、Amazonで評価がかなり高かった、Logicool G304 が気になってしまい購入に至りました。

PCではゲームはしませんが、ゲーミングマウスはデザイナーなどのクリエイターにも向いているという事で気になっていました。

結論から言うと大正解です。
このマウスが壊れても、また同じのを買うでしょう(きっと。)
ようやくマウス難民から抜け出せそうです。

レビューの詳細は次に記載します。

商品画像

パッケージ

マウス外観です

付属品とか

マウス選びの条件

ちなみに、私が求めているマウスの条件です。

  • ワイヤレス
  • 軽い
  • 操作のしやすさ(精度の高さ)
  • 低価格(5000円未満)
  • 多ボタン(6ボタン以上)
  • ボタンが軽い
  • 形できれば左右対称
  • デザインが良い

 

Logicool G304 の特長

ワイヤレス

レシーバータイプのワイヤレスです。
チャタリングが起こるようなことは、まだ一度もありません。

軽い

重量が電池込みで99gと軽いです。
99gだとマウスによっては、重く感じるんですが、ソールが滑りやすいためか、非常に軽く感じます。
マウスが滑りやすくなると評判(笑)のトスベールを準備していましたが、必要ありませんでした。
電池はアダプターを使用して、単四電池で使用し、更に軽量化をしています。

操作のしやすさ

これは軽さにも関係していますが、とにかく操作し易いです。
このマウスは、思ったところに、ぴたっと止まってくれます。
精度については、正直あまり評価の仕方が分からないんですが、非常に滑らかな動作です。

マウス上部のボタンで、DPIを変更できますが、私の場合は直観的に操作できないので、他の機能を割り当てています。
ランチャーソフト「CLaunch」を立ち上げれるように設定しています。

低価格

マウスはやはり消耗品と考えていますので、定期的な購入が予想されます。
ですので、1万円するようなマウスを購入するのは、やはり考えてしまいます。

安い時に、Amazonで4000円弱で購入ができました。
これだけのマウスが4,000円以下なら非常に安いと思います。

多ボタン(6ボタン以上)

ボタン構成は、左右クリック、中ボタン(ホイールクリック)、戻る(X1)・進む(X2)ボタン、DPI変更ボタンの6ボタンになります。
左右のチルトはありません。

使い方としては、DPI変更ボタンは前述したように、「CLaunch」、
戻る(X1)、進むボタン(X1)は、ジェスチャーを割り当てています。

水平のチルトは、前のマウスからは後退になりますが、水平チルトは動作がソフトによって曖昧なため、あまり使ってなかったので、問題なしでした。

ボタンの軽さ/クリック音

Amazonのレビューの中で、クリックが重いという、評価もあったため、場合によっては、静音スイッチを購入して、交換することも変更することも検討していますましたが、実際は非常に軽いクリックでびっくりしました。
もしかしたら、ゲーミングマウスの中では重い方なのかもしれませんが。

また、左右のクリックボタンはカバーから独立しているため、ボタンの手前のほうでクリックしても、軽くクリックできます。
(カバー一体型のボタンの場合、手前のほうは重くなります。)

クリック音は、静音ではありませんが、私は特に気にならないです。

細長い感じの左右対称のマウスです。昔からあるオーソドックスなマウスの形です。
いわいる、つまみ持ち、つかみ持ち、かぶせ持ちがある中で、
私は、つまみ持ちでマウスを持ちますが、
縦長で左右対称のこのマウスは、つまみ持ちでの操作に向いていると思います。

デザイン

本当はホワイトのデザインが、とてもいい感じだったので、ホワイトが欲しかったんですが、人気の為か、+1000円くらい高くなるためブラックにしました。
といっても、ブラックも気に入っています。

 

その他

その他で良い点は、

電池の持ち

電池の持ちが良いです。

サイド(グリップ部分)がプラスチックでさらさら

グリップ部分がゴム製ではないため、ベタ付きがありません。
ゴム製は時間が経つとベタベタしてくるのが嫌なんですが、これはプラスチックだから、心配ありません。
といってもザラザラの加工がされているので、グリップも問題ありません。

G HUB が使用できる

マクロなどが設定できる、マウス設定ソフトG HUBが使用できます。
G HUBは、評価が分かれるようですが、私は便利だと思いました。

イマイチだった点

進むボタン(X2)がクリックしにくい

そんなに大きな問題ではありませんが、ジェスチャーに割り当てていますが、進むボタン(X2)ボタンが奥にあるため、クリックしにくいです。

今のところイマイチな点がこの1つしか思い当たりません。本当に良いマウスでした。

ゲーミングマウス中での評価は分かりませんが、
デザイン制作、コーディング、事務作業等の作業用のマウスであれば、かなり評価が高いのではないでしょうか。

 

 

マウスカテゴリの最新記事