Windows

キーボードの長押し時の遅延を減らし、カーソル移動を快適にする

キーボード遅延

コーディングやプログラミング、文書を作成している時など、キーボードをメインで作業するとき、マウスの代わりにカーソルキーを多用することになると思います。

左右のキーを長押しすると、少し遅延されるため、さっとカーソルが移動できません。
徐々に早くなる動作(イージング)のため、感覚的な操作もしずらいです。

キーボードの設定を調整する

そういったときは、キーボードの設定を調整することで、感覚的な操作がしやすくなります。

カーソル移動や、Back space delete などのキー操作が行いやすくなります。

表示までの待ち時間を調整

「表示までの待ち時間」を一番「短く」にスライドします。

これで、キーを長押しした時の遅延が無くなります。

表示までの待ち時間

表示の間隔を調整

次に、「表示の間隔」を調整します。
これは、決して「速く」すればいいということではありません。

速くしすぎると、長押しした時に、速く移動しすぎて操作しにくくなります。

長押しした時に、程よいカーソル移動ができるように、お好みで調整してください。

表示の間隔

※キーボードによっては、チャタリングを起こす可能性があります。

 

 

 

ABOUT ME
マシュマロ
Webクリエイター、SEO対策,ガジェット,アフィリエイト情報などを公開中イラスト素材サイトも運営中です。イラストたうん