メーラーを eM Client に乗り換えました

メーラーを eM Client に乗り換えました

eM Clientとは?

eM Client は、 チェコ共和国にある「eM Client s.r.o社」が開発したメールクライアント(メーラー)です。
使いやすさから、徐々に人気が出ているようです。

特長

買い切り。はやりのサブスクではありません。

Windows、Macどちらでも使用できます。

高機能メールクライアントソフト eM Client

今までのメーラー歴と使った感想

Windows Live メール

無料なのに、有料のOutlookよりも非常に軽快で使いやすいメーラーで、メーラーを使用していた期間が一番長かったと思います。
大量のメールを保存していても、動作が遅くなることもありませんでした。
また、検索が高速でした。

デメリット

サポートが完全に終了。
その関係か、不明なエラーもできるようになっています。

差出人の箇所が、ホイールで変わってしまう。
複数アカウントを設定している場合ですが、差出人のところにマウスを置いた状態で、ホイールを回すと、差出人が変わってしまいます。
これで、気付かぬ間に、差出人を変更してしまい、間違ったアドレスで、送信してしまう事がありました。

Gmail

WEBメーラーのため、動作がモッサリしています。
有料のプランも契約していましたが、あまり変わりません。

Outlook 

基本的に使いやすく、機能も豊富です。動作も軽いと思います。

デメリットとして、アカウントごとの初期フォルダ(受信トレイ、下書きなど)が多く隠せないため、複数アカウントを作成した時、ごちゃごちゃになってしまいます。

また、2016からのインターフェイス(UI)が流行りののっぺりとしたデザイン(フラットデザイン)で、使いにくい印象です。

サンダーバード

直近まで、使用していたメーラーになります。
拡張性がある。さまざまな拡張機能を追加することで、いろんなことができるようになります。
デザインが豊富。
動作が非常に重い ⇒ 新しいバージョンでは解決されています。

デメリット

インターフェイスがやや分かりにくい
テーマの変更はできるものの、核となる部分は変更ができないわけでして、

メニューの表記が直観的でないです。
例えばですが、メールを右クリックででるコンテキストメニューから削除したいとき、
「メッセージを削除」という表記になっていますす。
親切な書き方なんですが、実際はこれが単純に「削除」の方が直観的で使いやすいです。
そういった表記が多々あります。

これは、乗り換えのきっかけになってしまいましたが、
メール一覧が1行表示のみでギュッと詰まっていて分かりにくいんです。
余白を付けたり、2行にするためにテーマのCSSを編集したりという技もあるんですが、完ぺきにはならず。

eM Client のおすすめポイント!

前置きが長くなりましたが、eM Client(イーエムクライアント)を使ってみてよかった点を紹介します。

インポートが簡単&速い
初めに他のメーラーからアカウントやメールのインポートを行うと思います。
メールのインポートって、時間が掛かるイメージですが、1万件ほどメールがあるメールが、1時間ほどで終わりました。
(仕様ソフトやPC性能などによって差があると思います)

デザインがシンプル

とにかくインターフェイスがとてもすっきりしていて、操作に迷いません。
各アカウントのフォルダであまり使用しないフォルダ、例えば、「下書き」などを「隠す」ことができます。
隠された、フォルダは「詳細」の部分にまとめられ普段は非表示にしておき、必要な時だけ開けるようにできます。
私の場合は、「送信トレイ」「ごみ箱」「迷惑メール」は隠すに入れています。
また、テーマもいくつか設定できるのでおすすめです。

定型文機能がある

複数の定型文を設定することが出来ます。
送信先ごとに、定型文を変更したりすることもできます。
またショートカットも設定されています。(Ctrt + Shit +1~9)

スヌーズ機能がある

後回しにしたいメールを一旦一覧から消して、後で再通知することができる機能です。
期間は、好きな日時に設定することも可能です。

検索が速い

Outlook や サンダーバードに比べて検索が高速です。

ただし、残念な点として、検索に差出人の日本語の部分が検索対象になりません。
また、検索時にいちいち、Enterを押す必要があります。
(同じく検索を解除する場合も、窓を空欄にしてEnterを押す必要があります)

メモ機能が便利

別途メモソフトを利用しているため、あまり使いませんが、活用しきれていないですが、複数階層がつくれるメモ機能があります。

タスク機能がある

タスクは基本紙に書く派なので、必要ないんですが、
メーラーのサイドに表示しておくことができ、利用すればとても便利に使えると思います。

後で送信機能

メールをすぐに送信せず、次回の送受信時や、1分後に送信するような設定ができます。
メールのご送信を防ぐのに使用できます。
(送信待ちのメールは、送信トレイに入ります。)
また、すぐに送信したいときでも、送信ボタンのプルダウンで、「今すぐ送信」で送信することですぐに送信できます。

Googleカレンダーとの同期が可能

ただし、イベントの作成はできるが、通知などの設定はできません。
(通知設定もできれば、フル活用できそうだが・・・)

デメリット

フォルダの移動の取り消し(元に戻す)ができない。

フォルダ移動後、(Ctrt+z)では、直近の削除メールを戻す機能になり、他のフォルダに移動などの取り消しには使用できません。
取り消す場合は、移動したメールを探して、元に戻すしかありません。

検索がイマイチ

動作自体は軽く問題ないのですが、不便な点として、検索の対象に差出人の名前の部分がヒットしません。(日本語のみなのか?)

また、検索時にいちいち、Enterを押す必要があります。
(同じく検索を解除する場合も、窓を空欄にしてEnterを押す必要があります)

アーカイブ機能がイマイチ

Gmailなどでおなじみの「アーカイブ」はとても便利な機能です。
完了したメールを1クリックで、過去のメールとして、アーカイブする事が可能です。

eM Clientにもアーカイブ機能があるものの、アーカイブに設定するフォルダが指定できず、全てのアカウントに共通の保存フォルダに移動してしまいます。

拡張性はない

残念ながら現段階では、拡張機能などプラグインの追加ができません。
それでも十分な機能がありますが。

雑記・日記カテゴリの最新記事