【WPテーマ】 Cocoon設定が凄すぎる!おすすめの設定項目を紹介

大人気のWordPressテーマCocoonですが、インストールすると「Cocoon 設定」という独自のメニューが表示されます。

この独自の設定が凄すぎたので紹介します。

設定は、Cocoon 設定に集約されている

他の有料テーマにもよくあるテーマ独自の機能ですが、WordPressの設定メニュー「外観>カスタマイズ」と2か所にまたがって設定をする必要があったりします。
あの設定どこだっけ?という時に、どちらで設定するか迷ってしまいます。

Cocoon では、このメニューにCocoon独自の設定は、全てここに集約されています。

特に、WordPressの設定メニューにある「外観>カスタマイズ」に設定項目が追加されるテーマが多いですが、個人的には、この編集画面は編集がしづらいです。

「Cocoon 設定」は操作もしやすく、サクサク設定ができます。

スキン設定が便利

デザインを手軽に変えたいときに、適用するスキンを変更するだけで、一括でデザインが変わります。
デザインに飽きてきたら、気分によってスキンを変更できるので、1つのテーマでいくつものデザインがパッケージされているイメージです。

テーマ変更と同じでは?と思うかもしれませんが、スキン変更の大きなメリットは、テーマを変更する必要がないため、設定済みの変更を保持したまま、「手軽にデザインを変更できる」という点です。

テーマを変更する場合、テーマ独自の設定をしている場合や記事にテーマ独自のブロックを使用している場合、それの移行作業も伴いますが、スキン変更では、その点を変更する必要はありません。

アナリティクス設定・広告設定、吹き出しなどのブロックの設定なども引き継がれます。

スキンは独自のスキンを作ることも可能です。
自分独自のデザインに変更する場合、スキンを作ってガシガシ変更したほうが、安心して改造ができます。

ちなみにこのブログもパッケージされている「スキンテンプレート」をベースにデザインを変更しています。

細かいデザイン設定

Cocoontテンプレートは、一見、有料テンプレートと比べてデザイン面では、劣るような印象を持ちます。

しかし、色味やレイアウトなどが細かく設定でき、カスタマイズ次第では、好みのデザインに変更できるのではないでしょうか。

オススメなのは、WEBフォントの変更機能です。WEBフォントがパッケージされていて、簡単にフォントを変更できます。

これを変更するだけで、かなりブログの印象が変わります。

インデックス

主に、ブログTOPページや記事一覧(アーカイブ)の見た目の変更を行いますが、ここでも細かく設定ができます。

記事一覧で、2カラムに設定できたり(1~3列の設定が可能)、投稿の並び順を変更できたりします。

ここで、一番オススメの機能は、「除外カテゴリー」です。
記事一覧にじ「除外するカテゴリー」を指定できます。

記事色に統一感を出したいときに、使うと便利です。
当ブログは、WEB制作やデバイス系のブログですが、たまにライフスタイル系など、それ以外の記事を書きたくなることがあり、実際に投稿しています。

検索にはヒットさせたいが、ブログ内からは、積極的に見せたくない場合などに役立ちます。

特にトップページは、カテゴリーを絞ることで、SEOに対する効果もあると思っています。

(※除外する場合は、親カテゴリーではなく、直属のカテゴリーを選択する必要があるようです。)

SEO関連の設定ができる

Cocoon設定の「タイトル」「SEO」の設定より、SEO対策関連の設定ができます。

タイトル 設定

タイトル設定では、フロントページのタイトルタグをどのように表示するか、メタディスクリプションの内容の編集ができます。

「投稿ページ・固定ページ」、「カテゴリーページ・タグページ」の設定もできますので、Yoast SEO や All in One SEO Pack などのSEOプラグインは不要になります。
そのため、高速化も測れます。

SEO 設定

SEO設定では、主に、カテゴリページをnoindexなどの設定が可能です。

カテゴリーページやタグページを検索エンジンにインデックスさせたくない場合は、こちらにチェックを入れることで、簡単に設定ができます。

目次や吹き出しは、追加プラグイン不要

有料テーマの「JIN」は目次は、追加プラグインが必要になりますが、目次の機能は、デフォルトで入っています。

また「吹き出し」のアイコンが初めから入っているのですぐに、吹き出し機能を利用できます。

吹き出し機能があるテーマはたくさんありますが、アイコンが初めから入っているテーマは少ないのではないでしょうか?
Cocoonは、はじめからアイコンが入っているので、すぐに使えます。

広告の表示場所が細かく設定できる

「本文中」「本文の下」など、広告の表示位置が細かく設定できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました