Adobe Creative Cloud 解約組の僕が再契約をした理由

Adobe Creative Cloud AdobeCC

このたび、解約していた、Adobe Creative Cloud(以下 Adobe CC) を再契約することになりました。
再契約を考えている人は多いのではと思い、記事にすることにしました。

参考までに、僕の主な業務は、WEBデザイン、HTML・CSSコーディング、多少のプログラム(PHP)、時々イラスト制作をしています。
最近は受注してませんが、チラシやパンフレットなどの制作もたまにすることはあります。
(広く浅いです。)

解約した理由

まず、解約のきっかけです。

一番大きなきっかけは、値上がりしたためです。
「サブスク」という点で、元々あまりいい気はしていなかったのですが、値上がりが解約の後を押しました。

あとは、一番よく使うFireworks の開発終了、Illustrator の互換性の問題などがありました。
https://smooth-mousse.com/adobe_cc_cancell/

ただ、解約については、試験的なつもりでもありました。
解約しても仕事がやっていけないようだったら、もう一度契約するつもりではありました。

僕の場合、もともとパッケージ購入していたので、下記のソフトは解約しても使用できていました。
そのため、Adobeソフトから完全に離れるというわけではありませんでした。

  • Dreamwever CS5
  • Fireworks CS5, CS6
  • Illustrator CS4, CS5
  • Photoshop CS5

特によく使用するソフトは、Dreamwever 、Fireworks でしたが、
Dreamwever は、基本的には問題なく使用でき、Fireworks は最終版のCS6を持っていたので、そこまで困りませんでした。

Illustrator については、契約中は、Illustrator CCを使用してデータを作成していたため、移行が結構大変でした。

印刷の仕事(DTP)はメインではないものの、恐らく今後も使うであろうデータを全て、CS5用に保存し直しました。

Adobe CC を再契約した理由

では、なぜ再契約したのか?です。

まず、きっかけは、Adobeからのダイレクトメールで、体験版のリセットがされたため、再度 7日間の体験版を試せるというこことで、試してたところ、かなり良いと感じたためです。

CS5、CS6の限界

再契約のきっかけですが、CS5、CS6での制作に限界を感じてきたためです。
PCを変えても(CPUスコアアップ、メモリ16GB)、Dreamwever や Illustratorのもっさり感は、改善しませんでした。

また、WEBサイトでは、SGV形式の画像の配置が増えてきて、Fireworksのみでは厳しくなってきています。
また、Fireworksは、大きい画像を配置すると極端に重くなりますが、メモリ16GBでも特に変わりませんでした。

代替ソフト

Affintiy Designer、Lunacy(sketchのwindows版)などを試してみましたが、少し使いにくさを感じました。

Affintiy Designer はとてもオールマイティな素晴らしいソフトで、購入しましたが、使い勝手が少し慣れないため、完全移行をためらっていました。

使い勝手に関しては、慣れればよいと思われる方もいると思いますが、やはり相性というのがあるのかもしれません。

実は、安い

まあサブスクなので、買い切りに比べると損した感はあります。
ただ、使用できるソフトの量を考えると、お得なのではと思います。

「使いたいけど、高いから別のソフトを使う」という理由であれば、Adobe CCを使う方が良いのかなと思います。

仕事として使うのであれば、電気代と考えるのがいいと思いました。

現状は、Amazonで安い時に買っておいて、契約期間を延ばすことができるようです。
Amazonで安い時は、月額換算で 3,500くらいになる時があります。
僕も年間43,000円弱の時に購入しました。
契約満了前の安い時に買って、期間を延ばすことができるようなのです。


Adobe Creative Cloud コンプリート|12か月版|Windows/Mac対応|オンラインコード版

ちなみに Affintiy Designer は買い切りで、非常に良心的な価格ですが、アップデートが常に必要なソフトで、利益を出し続けられるのかは心配です。
利益が出なくなると、必然的にサブスクになってしまうのではと思います。

現行のソフトを使用してみて(CS5との比較)

Dreamwever 

Dreamwever が一番良かったと思いました。

CS 5ではかなり動作が重かったのですが、重さに関しては、期待していたほどでは無かったものの、検索や置換のスピードは軽快でした。

使い勝手は若干変わっていますが、あまり違和感なく使用できました。
多用するスニペットの移行も環境フォルダへのコピーで、問題なくできました。
(CS5 → CC 2022)

また、スニペットにトリガーが設定できるので、めちゃめちゃコーディングがはかどります。

VS Code でもスニペットは使用できましたが、Dreamwever での登録の手軽さをしっていると、登録が面倒だったりで面倒でした。

ファイルを保存したのに、何故か「*」マークがついてしまう謎の不具合は、2022バージョンになっても直っていなかったのは、残念でした。

VS Code と Dreamwever を行ったり来たりする作業が減りそうです。

Illustrator 

CS5に比べるとかなり軽快に動作するようになっています。

バージョンによって、互換性の問題が発生しやすいイラストレーターを最新版で使用することを避けていました。
過去の制作物を、解約することによって、古いバージョン(CS5、CS6など)で開けなくなるためです。

しかしAffintiy Designerが出たことにより、逆に安心して使用できるのではと思ってしまったのです。

Illustratorで制作物を作り続けても、Affintiy Designerに移行することはできるということです。

逆にAffintiy Designer で作成したデータは、Illustrator では開けません。
そのため、Affintiy Designer に完全移行するためには、それなりの覚悟が必要かなと思います。

ちなみに、保存形式は、常に CS5 形式にすることで、CS5で開いて編集できることもできたため、しばらくはCS5で保存しようと思っています。

iPad版 Illustrator が使える!

また、iPad版も追加料金不要で使用できるのも良い点です。
iPad+ペンシルで絵を描いて、PCで調整&書き出しという感じで作業を進められます。

Photoshop

最新版となっても、Photoshopでのウェブサイトのデザインはやはり難しい・・・

Photoshopとの相性は最悪で、写真加工、CMYKへの変換以外の用途としては、ほぼ使用したことがありません。

Photoshopで制作したデータを貰った時なんかは、焦ります。
ウェブサイトのデザインを制作している方は、どのように制作しているのか一度作業風景を見てみたいです。

Photoshopは基本写真加工&イラレ用のリンク画像作成のみ用になりそうです。

こちらもiPad版のPhotoshopが使用できます。

Adobe XD

Adobe XD 変わらず優秀なソフトウェアには違いありません。
これから、WEBデザインをする方は、Adobe XDを使うのがよいでしょう。

Fireworks はまだ使いたい

Fireworksはまだまだ便利なソフトですので、引き続き使用を続けます。

Fireworksのココが凄い!Fireworksをまだ使い続ける理由
Fireworksの開発終了で、illustrator、Photoshopへ移行する人が増えています私はWEBデザインを作成する時は、ほぼFireworks(ファイヤワークス)を愛用しています。開発を行わないことを発表してから、illu...

コメント

タイトルとURLをコピーしました